慰謝料の種類

慰謝料交通事故における慰謝料は三つに分けられます。入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の三つがあります。入通院慰謝料とは文字通り交通事故が原因で入通院を余儀なくされたときに請求できる慰謝料となります。交通事故の被害に遭ってしまうと入院しなくてはいけないほどのケガを負ってしまうことは多々ありますし、入院まではいかずとも通院が必要になるケースも出てきます。入通院の期間が長引けば長引くほどこの慰謝料は高額になるケースが多いです。次に後遺障害慰謝料ですが、これは後遺障害が残ったことによって発生する慰謝料となります。

交通事故によって後遺障害が残ってしまうと人生に対して悲観的になってしまうこともありますし、とてつもない精神的苦痛を伴うこともあります。こうした精神的苦痛に対する慰謝料という認識で問題ないでしょう。後遺障害には等級がありますから、その等級が高くなればなるほど高額になります。また、死亡慰謝料とは被害者が事故によって死亡したときに発生する慰謝料となります。死亡慰謝料は相場も決まっており、だいたい2000~3000万円程度となっています。もちろん、ケースによって変わってくるもののだいたいこれくらいの認識で問題ありません。最後に弁護士に相談をする時の弁護士の選び方について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket