弁護士に相談

交通事故のケースはまちまちですし、慰謝料の請求できるかどうかよく分からないというケースもあると思います。このような時にどこに相談すればいいのかということですが、もっともベストなのは弁護士に相談することです。弁護士はこうした交通事故に関する案件も数多く扱っていますし、適切な対応をしてもらえるでしょう。請求できないと思っていた慰謝料が、弁護士に相談することで実は請求できると判明したというケースはたくさんあります。こうした問題に関するプロでもありますからまずは相談することをおススメします。

弁護士弁護士に相談するときにはなるべく交通事故問題や慰謝料請求に強い弁護士を選ぶことです。弁護士にも得意分野、苦手な分野がありますし、何をメインに活動しているかはまちまちです。法律事務所によってカラーもありますから、まずは事前に法律事務所のカラーや方針、何を得意としているかなどをリサーチしてみましょう。現在では個人で活動している弁護士もインターネット上に公式ホームページを開設していることが多いですし、どのような分野に強いかを明確にしています。できるだけ交通事故問題をたくさん扱っている弁護士を選んでおけば問題ないでしょう。

【参考リンク】交通事故 弁護士

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料の種類

慰謝料交通事故における慰謝料は三つに分けられます。入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の三つがあります。入通院慰謝料とは文字通り交通事故が原因で入通院を余儀なくされたときに請求できる慰謝料となります。交通事故の被害に遭ってしまうと入院しなくてはいけないほどのケガを負ってしまうことは多々ありますし、入院まではいかずとも通院が必要になるケースも出てきます。入通院の期間が長引けば長引くほどこの慰謝料は高額になるケースが多いです。次に後遺障害慰謝料ですが、これは後遺障害が残ったことによって発生する慰謝料となります。

交通事故によって後遺障害が残ってしまうと人生に対して悲観的になってしまうこともありますし、とてつもない精神的苦痛を伴うこともあります。こうした精神的苦痛に対する慰謝料という認識で問題ないでしょう。後遺障害には等級がありますから、その等級が高くなればなるほど高額になります。また、死亡慰謝料とは被害者が事故によって死亡したときに発生する慰謝料となります。死亡慰謝料は相場も決まっており、だいたい2000~3000万円程度となっています。もちろん、ケースによって変わってくるもののだいたいこれくらいの認識で問題ありません。最後に弁護士に相談をする時の弁護士の選び方について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の慰謝料

交通事故車にはねられたことがある、バイクと衝突したことがあるなど交通事故の被害に遭った方も少なからずおられると思います。交通事故に遭うとケガをしてしまうことが多いですし、時には重大な障害を負ってしまうことも少なくありません。今後の人生に大きな影を落としてしまうようなケガをしてしまう方もいますし、人生を大きく狂わされてしまったと感じてしまう方もおられるでしょう。

体だけでなく精神的な苦痛を伴うケースも少なくありません。交通事故が原因で障害を負ってしまった、仕事を失ってしまったなどさまざまな理由で精神的な苦痛を伴う可能性がありますし、こうした場合には慰謝料を請求することもできます。慰謝料とは精神的な苦痛に対する損害賠償金ですし、交通事故被害に遭ったときにも慰謝料の請求は可能です。しかし、具体的にどのようなケースにおいて慰謝料の請求ができるのかを詳しくご存知という方は恐らく少ないでしょう。

ここでは、交通事故被害に遭ったことによって生じた精神的な苦痛に対する賠償金、すなわち慰謝料について詳しくお話したいと思います。慰謝料は大きく分けて三つに分類できますが、ここではそれぞれについてお伝えします。交通事故に遭うことなどないと考えている方もおられるでしょうが、日本という国で生きている以上交通事故に絶対遭わないということはまずありません。誰もが被害者になってしまう可能性がありますから、ここでお伝えする内容もぜひ覚えておいてくださいね。続いては、慰謝料の種類について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket